【2020年】マニラ空港完全ガイド:全ターミナル情報&市内へのアクセス方法まとめ

  • 2019年9月14日
  • 2020年1月14日
  • マニラ
  • 241view
マニラ空港の各ターミナルの特徴と市内へのアクセス方法を知りたい!
さるまる
この記事では、こんな要望にお応えします。
グリット
マニラの国際空港「ニノイ・アキノ国際空港」は、ターミナルが4つもあるので、どのターミナルを利用するかによって、市内へのアクセス方法も全く異なります。

以前は、公共交通があまりなく、タクシーもぼったくりが多いということから、治安や安全面でもかなりハードルの高い空港と言われていました。

ところが、近年はライドシェアサービスのGrab(UBERみたいなもの)がマニラでも活発に使われ始め、市内へのアクセスもかなり簡単になりました。

Grabをまだダウンロードしていない・使ったことのないという方は、【アジア版UBER】GRABアプリがタクシーの代わりにおすすめ【登録・使い方】の記事をご覧ください。
わたしは現在マニラに赴任しているのですが、最初の赴任のためにスーツケース4つを持ってターミナル1から市内まで移動した際にも、全く問題なく移動することができました。
この記事では、マニラの全ターミナルの位置関係や航空会社を確認したうえで、各ターミナルから市内へのアクセス方法をご紹介します。

ご参考に:海外旅行のお得情報

★海外旅行・出張の航空券の予約は、値段や時刻から比較できるスカイチケットが便利です。

★現地ツアーの予約には、日本語現地ツアーを扱うタビナカがおすすめです。
国内・海外旅行のホテルなら、ホテル料金比較『トリバゴ』で検索
Ad

マニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)ターミナル1:国際線

マニラ空港のターミナル1は、国際線のターミナルで、多くの航空会社が利用しています。

マニラ空港のターミナル1を利用する航空会社

ターミナル1を利用している主な航空会社は、次のリストの通りです。

日本人が最もよく利用するのは、JALかフィリピン航空かと思います。

  • JAL-日本航空
  • フィリピン航空(他のターミナルでも運行)
  • 中国南方航空
  • ジェットスター
  • ジェットスターアジア
  • エバー航空
  • マレーシア航空(他のターミナルでも運行)
  • チャイナエアライン(他のターミナルでも運行)
  • 大韓航空
  • アリタリア
  • アシアナ航空
  • サウディア
  • スクート
  •  エティハド航空
  • タイ国際航空
  • ロイヤルブルネイ航空(他のターミナルでも運行)
  • クウェート航空
  • オマーン航空
  • 済州航空
  • 中国国際航空
  • ガルフエア
  • 香港航空
  • 中国東方航空
  • エア・ニューギニ
  • エチオピア航空
  • ベトナム航空(他のターミナルでも運行)

ターミナル1のGrab乗り場


写真出典:https://violetology.com/

ターミナル1到着後、荷物を受け取り、外にまっすぐ出て、横断歩道を渡った右側にGrab乗り場があります。

上の地図における、右下の緑のマークがGrab乗り場です。

グリット
Grabの標識が書いてあるので、すぐに分かりました。

マニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)ターミナル2:フィリピン航空が主

ターミナル2は、フィリピン航空の国内線と、それ以外の国際線のあるターミナルです。

ターミナル2でANAの上級会員が利用できるラウンジについては、マニラ空港ターミナル2フィリピン航空ラウンジ【ANA上級会員利用可】の記事を参考にしてください。

マニラ空港のターミナル2を利用する航空会社

マニラ空港のターミナル2は、フィリピン航空の国内線・国際線をメインとするターミナルです。

他にも、次のような航空会社の国際線が発着しています。

ANAは、ターミナル3がメインですが、たまにターミナル2のこともあるようです。

  • マレーシア航空(他のターミナルでも運行)
  • 全日本空輸-ANA(他のターミナルでも運行)
  • トルコ航空(他のターミナルでも運行)
  • ロイヤルブルネイ航空(他のターミナルでも運行)
  • バンコク航空
  • チャイナエアライン(他のターミナルでも運行)
  • ガルーダインドネシア
  • ベトナム航空(他のターミナルでも運行)
  • エアマカオ

ターミナル2のGrab乗り場

写真出典:https://violetology.com/

ターミナル2のGrab乗り場は、サウスウィングのBay7 とBay8の間にあります。

国際線は、ノースウィングが出口なので、サウスウィングまで歩く必要があります。

上の地図における上側がノースウィング、右側がサウスウィングです。

右下にある緑のマークのエリアまで行って、Grabを呼ぶようにしましょう。

マニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)ターミナル3:新しい国際線

マニラ空港のターミナル3は、2017年に開通した新しい国際線のターミナルで、多くの航空会社が利用しています。

中長期的には、全ての国際線はターミナル1、2からターミナル3に移動させようという計画もあるそうです。

ターミナル3の詳しい情報については、マニラ空港ターミナル3出国審査後エリア【免税店・お土産・レストラン・カフェ情報】の記事でご紹介しています。

また、ラウンジ情報マニラ空港ターミナル3ラウンジ情報まとめ【おすすめレビュー付き】の記事でまとめています。

マニラ空港のターミナル3を利用する航空会社

ターミナル3を利用する国際線の航空会社は以下の通りです。

日本人がよく使うのは、全日空やセブパシフィック・エアアジアといった格安航空会社(LCC)が多いかと思います。

セブパシフィックの場合は、国内線もターミナル3のため、国際線で日本からマニラに来て、セブなど別の場所に国内線で移動する際には便利です。

  • 全日本空輸-ANA(他のターミナルでも運行)
  • セブパシフィック
  • エアアジア(他のターミナルでも運行)
  • フィリピンエアアジア(他のターミナルでも運行)
  • キャセイパシフィック
  • キャセイドラゴン
  • シンガポール航空
  • ニュージーランド航空
  • エア・カナダ
  • エミレーツ航空
  • カタール航空
  • ユナイテッド航空
  • エアフランス
  • KLMオランダ航空
  • デルタ航空
  • スイス
  • トルコ航空(他のターミナルでも運行)
  • カンタス航空

ターミナル3のGrab乗り場

ターミナル3のGrab乗り場は、到着ロビーをそのまままっすぐ外に出たところにあります。

ただし、ターミナル3は人が多く、時間帯によってはGrabがつかまりにくいとう課題があります。

Grabを呼んでも見つからない時にわたしがオススメするのが、Resorts  World  Manila & Hotels側まで、Runway Manila Footbridgeという橋を渡って行くことです。

橋も含めて、すべて屋内になっているので、天気を気にせずに移動することができます。

 

マニラ空港(ニノイ・アキノ国際空港)ターミナル4:国内線専用

空港の画像

マニラ空港の第4ターミナルは、国内線を専用とするターミナルです。

1948年にできたターミナルのため、古いですが現役で利用されています。

ターミナル4を利用する航空会社

ターミナル4を利用する国内線の航空会社は以下の通りです。

主にLCCが中心です。他の航空会社の国内線は、別のターミナルから発着するので注意が必要です。

  • フィリピンエアアジア
  • セブゴー
  • スカイジェット

ターミナル4のGrab乗り場

写真出典:https://violetology.com/

ターミナル4は、外に出て右側に歩いていった箇所にGrab乗り場があります。

現地で使えるスマホがなくてもブースで予約できる

Grabのアプリは、基本的にはスマホで予約するものですが、空港ではブースからタクシーのように呼んでもらうことも可能です。
上記のようなブースがあるので、いきたい場所を伝えると、Grabを呼んでくれます。
支払いは現金のみです(アプリの場合は、クレジットカードを登録して払うことができます)。
英語で伝えないといけませんし、GPSで地図を確認することもできないので、ブースは最終手段として考えておいた方が良いでしょう。
まだ出国していない人は、事前にポケットWiFiを用意しておくことをおすすめします。
海外行くなら空港で受け取れるポケットWiFiを忘れずに!
現地でGoogle Map・検索ができると旅も超便利に!
▼ここからのリンクでなんと1,000円引き

マニラ空港ガイドまとめ

以上、この記事ではマニラ空港の各ターミナルの特徴と、Grabでの市内までの移動方法についてご紹介しました。

空港では、タクシーと言って声をかけてきて、詐欺のような値段をふっかけてくる人もまだいるそうです。

Grabだとレビュー式になっていて安全性が高いので、マニラ国際空港から市内への移動には、Grabを使うようにしましょう。

他にもマニラ関係の記事をまとめているので、ぜひ読んでみてください。

▼フィリピンの他の記事もよかったら読んでみてください。

▼旅のノウハウや現地情報

▼フィリピン関係のおすすめの本

 

記事はいかがでしたか?

読んでいただいた方に関心がありそうな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>

最新情報をチェックしよう!
Ad