Lyftに乗ってみたのタイトル

アメリカ旅行の移動はLyftがおすすめ【割引あり】

日本では第二種免許が必要なことから進んでいないライドシェアサービスですが、そのサービスについて気になっている方も多いのではないでしょうか?

今回は、アメリカで実際にリフトに乗ってみた経験を踏まえて、登録の方法から、実際に乗車してみた感想までまとめたいと思います!

 
 
グリット
アメリカに旅行で来て実際に乗ってみたい人、日本から今回の上場に際して投資を検討している人の参考になれば幸いです!

 

ご参考に:海外旅行のお得情報
★海外旅行・出張の航空券を予約する際には、スカイチケットから一括検索して購入すると、値段や時刻から比較できるので便利です。
★現地情報の収集には、ソフトバンクグループが運営するブック放題というサービスを使うと、1ヶ月無料るるぶを読むことができます。
現地の観光情報が知りたい!という時にるるぶの本を買うと、1冊で1000円程するので、無料で読めるのはかなりお得ですね!
海外旅行にタイミングで登録して、無料で現地情報をゲットしましょう。
★現地ツアーの予約には、海外オプショナルツアーアクティビティ予約サイトの【タビナカ】が便利です。
日本語での案内のあるツアーが世界中で見つかるので、初めて行く場所でも安心!
>>タビナカで現地ツアー情報を見る
Ad

配車するまでの手順を6ステップで紹介します!

1.まずは、アプリをダウンロードしましょう!

Lyft
Lyft
開発元:Lyft, Inc.
無料
posted withアプリーチ
 
 
グリット
上のリンクから登録すると初回利用時に5ドル分の割引を受けることができます!もしよろしければ使ってみてください!

2.電話番号で登録する必要があります。

ダウンロードが完了したら、アプリを選択して開きましょう。

すると、登録画面が現れます。Get Startedをクリックして進みましょう。

Lyftの登録画面

次に進むと、電話番号の入力が求められます。

本の国マークを選び、電話番号を入力しましょう。

Lyftの登録で電話番号を入れる画面

次のページへ進むと、入力した電話番号宛にメッセージが届いていると言われます。

一度アプリを閉じてメッセージを読み、そのなかから 暗証番号をメモしましょう。

再度アプリに戻り、 暗証番号を入力したら登録は完了です!

Lyftの登録で、コードを入れる画面

3.支払方法を指定しましょう!基本はクレジットカードで登録!

地図画面に変わったら、まずは支払い方法を指定しておきましょう。

設定の方法はこちら。

まず左上の「三」マークをクリックし、

目的地を入れる画面

次にPayment(支払い)を選択します。

Lyftのオプション選択画面。支払いの箇所を赤枠で囲っている。

あとはクレジットカード情報を入れておけば自動で支払いをすることが出来ます。

これで乗車準備完了!

4.乗車予約のために目的地を決めて入力しよう!

実際に乗車予約をするために、目的地を入力しましょう。

5.乗車したい車のタイプを選択しましょう!

目的地を入力したら、車のタイプごとに料金が出てきます。

種類が多くありますが、基本的には人数及び急ぎ具合に応じて下記の3つから選択すればOK!

  • 1-2人:相乗り(Shared)
  • 3-4人:通常(Lyft)
  • 5-6人:ラージサイズ(Lyft XL)

相乗りサービスは時間が多めにかかることが多いので、急いでいるときは一人でも通常サイズ(Lyft)を指定すれば、タクシー感覚で移動できます。

6.あとは、待って乗るだけ!

どんな車が来るか、車種とプレート番号が書かれているので、アプリ上で車が近づいてきたら、該当する車を探して乗り込みましょう

その際に、間違いのないようにライバーの名前を確認しましょう!

英語でのコミュニケーションに不安のある人でも、

例えばドライバーがSarumaru(さるまる)の場合:

 
グリット
さるまる?
 
さるまる
イエス(Yes)

みたく名前だけ確認できたらOK!あとは乗って目的地に着くのを待つだけです。

 
グリット
その場で場所を伝えたり、支払いをしたりする必要がないので、英語が出来なくてもほとんど不自由しないのが良いですね!

実際にLyftにアメリカで乗車してみた感想を紹介します!

初めて乗った時は不安でたくさんでしたが、慣れると便利すぎて、これなしには生活できない、と思うほどです。

タクシーだとタクシーが走っているのを止めたり、多く止まっている場所まで行かなければいけないですが、リフトならアプリで頼めば自分の場所まで来てくれるので、歩く必要がありません。

特に天気の悪い日は便利ですね!

他にもタクシーと比べて、リフトが優れている点が多いが多いと思います!

例えば、タクシーの場合は目的地を伝える必要がありますが、英語で目的地をきちんと伝えられるか不安ですよね。

リフトの場合、事前に目的地をスマホで入力しているので、伝え間違いの心配はありません。

(注意)たまに、ドライバーが間違えてしまうこともあるので、乗車時に目的地の名前だけで良いので伝えるようにしましょう!

また、支払いもクレジットカードをアプリに登録しておくことで、その場で支払う必要がなく、チップも乗車後にアプリで金額を指定して払うことが出来るので気楽ですね!

特に金銭的にお得なのは、相乗りサービスです!

私は値段が安いので、「相乗り(Shared)」サービスを良く使用します。

通常のプラン(Lyft)よりも待ち時間・移動時間ともに長くなってしまうことが多いのですが、金額としては約半額

時間に多少でも余裕がある場合は、金額的には相乗りサービス(Shared)がお得です!

まとめ!Lyftはとっても便利なので、世界に広がっていくことを期待しています!

いかがでしたでしょうか。

今回は、IPOで話題のLyft(リフト)のサービスについて、登録の仕方から実際に乗ってみた感想をまとめました。

タクシーよりも便利で安いので、アメリカだけでなく世界でもっと広がっていくのではと思います!

そうなると、今回の新規上場は期待大ですね!

 
海外行くなら空港で受け取れるポケットWiFiを忘れずに!
現地でGoogle Map・検索ができると旅も超便利に!
▼ここからのリンクでなんと1,000円引き

 

Lyftに乗ってみたのタイトル
最新情報をチェックしよう!
Ad