TOEFL ibt リスニング30点満点とった勉強法【Listening】

  • 2019年6月19日
  • 2019年6月18日
  • TOEFL, 英語
  • 342view

このシリーズでは、TOEFL ibtのリスニングに特化して試験傾向と勉強法をご紹介します。

 

グリット
最終的に満点を取ることができたわたしですが、TOEICで高得点を取った後に初めて受けたときは、何を言っているのか全く理解できないレベルから勉強を始めました。
さるまる
TOEICとは違い、アカデミックな内容なので、日常会話と別に教科別の専門用語に慣れ親しんでおく必要がありますね。
Name
最初は難しすぎて高得点が取れる気がしませんでしたが、効率的に勉強することで、リスニングは点取り科目にすることができます。
この記事では、そんなTOEFLリスニングについて、傾向と対策、勉強法、ノートを取る上での注意点などをまとめていきます。
リスニングはリーディングと共に、日本人は高得点を取りやすい科目ですので、しっかり勉強して得点稼ぎの項目にしていきましょう。
Ad

TOEFLリスニング問題の形式

TOEFLリスニング問題では、講義(レクチャー)が4-6題(それぞれ6つの問題)と会話(Conversation)が2-3題(各5つの問題)が出されます。

それぞれの講義や会話を全て聞いた後に、5-6問解くことを6-9回繰り返し、合計34-51問の問題に答えます。

 

さるまる
34-51問ってなんでこんなに差があるの?
グリット
問題数が多い場合、ダミーの大問が1つ含まれているんだ。
さるまる
ダミー問題って?
グリット
リスニングかリーディングのどちらかに、今後の参考のために採点には関係ない問題を意図的に入れているんだってさ。
ダミー問題がどれかは、色々な人が分析していますが、正確なことは分かっていません。
点数に反映されないので、できれば解かずに採点される問題だけ解きたいですが、分からずに大問1つ飛ばすのはリスキーなのでやめましょう。
リスニング問題の詳しい傾向と対策はこちらの記事をチェック!【6/20公開】

TOEFLリスニング対策の勉強法:単語の覚え方

TOEFLのリスニングテストは、TOEICのリスニングや映画・テレビドラマなどでは聞かないようなアカデミックな内容が満載です。
特に、講義形式に関しては、地震のプレート構造の話や、絶滅した動物の話など、日本語で聞いても難しそうな話がほとんどです。
さらに、リーディングと違ってリスニング問題では文字から意味を推定できないので、単語の意味を知っている必要があります。
単語帳などで勉強するのも良いですが、
わたしが最も効率的だと思うのはTOEFLリスニングで扱われるテーマの文章を読んで知らない単語をメモしていくことです。
こうすることで、あまり知らないカテゴリの内容にも親しくなり、単語も覚えられて一石二鳥です。
詳しくは、こちらの記事でまとめています。【6/21公開】

TOEFLリスニングでの効果的なノートのとり方

ノートは取る人と暗記する人に分かれますが、わたしはノートは取る派です。

その理由は3つあります。

  1. 最大5分のリスニングを細かいことまで覚えてられない
  2. メモを取っていることで安心感がある
  3. ノートを取りながら聞くことで集中できる

メモを取るからと言って、全ての問題に対してメモをみて確認して回答するという訳ではありません

実際、大枠についてはリスニングをしっかり聞いておけば覚えておけます。

しかし、細かいことはメモをしていないと忘れてしまうかもしれないですし、不安になります。

ひとまず聞いたことをどんな形であれ、メモしておくことで、なんとなく安心しながら話を聞くことができます。

さらには、ノートを取りながらリスニングを聞くことで、一言も逃さないように聞こうという意識が強くなり、集中して話を聞くことができます。

つまり、ノートを取ることによって、リスニングの質をあげることができるのです。

そんなノートの取り方のコツの詳細は、こちらの記事を読んでみてください。【6/22公開】

TOEFLリスニング対策に有効な参考書・勉強資料

最後に、TOEFLリスニング対策に有効な参考書や資料をご紹介します。

TOEFLリスニングに慣れるために必要なことは大きく2つです。

  1. アカデミック英語に慣れる
  2. アメリカ・イギリス・オーストラリア全ての英語に慣れる

これが両方ともできるのは、当然公式問題集です。

ただ、公式問題集は問題に限りがあるのでそれ以外の資料も使って勉強したいですよね。

こちらの記事で、リスニングを継続して勉強するためのオススメ資料をまとめます。

「準備中」

まとめ:TOEFL リスニング(Listening)で高得点を取るには【勉強法】

以上、この記事ではTOEFLリスニングで高得点を取るために、

  • 問題の傾向と対策
  • 単語の効率的な覚え方
  • ノートを取る意味と取り方のコツ

をご紹介しました。

リーディングと同様に、問題によって得点の取りやすさは若干変わってきます。

上記の方法で勉強・準備したわたしのここ最近3回の結果は30点、29点、27点と高得点を維持できています。

このブログを見て勉強した方が、希望の海外大学や就職先にいけることを強く願っています!

ぜひ、がんばってください!

記事はいかがでしたか?

読んでいただいた方に関心がありそうな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>

最新情報をチェックしよう!
Ad