自転車を盗まれた記事のタイトル画像

アメリカで自転車盗難被害:渡米3ヶ月で2回も盗まれた件

日本で自転車を盗まれたというと、「きちんと鍵をかけてなったんだろうからしっかりかけないと」とか、「盗まれても防犯登録してるから見つかるんじゃないかな」みたいに常識的な解決策が見つかると思います。

これがアメリカ🇺🇸だと、「そんな盗み方するか!」といった意味不明な盗み方をされるのです。

しかもアメリカだと日本みたいなママチャリがない。転車一台に3万円とか普通にするわけです。

盗まれないようにする対策が必須ですね。

今回の記事では、アメリカで私が2回盗まれた場所・タイミングを共有したうえで、
必死に情報収拾した「盗まれないようにする対策」を紹介します!
Ad

アメリカで自転車が盗まれた。。

アメリカにきてすぐ、

 
グリット
自転車で通勤するぞ!

と購入した1度目の自転車は買って2ヶ月で、

懲りずに2度目に買った自転車は買ってなんと3日で盗まれてしまいました。。。

同じような目に合う人を減らすためにも、盗まれた状況を共有します。

自転車盗難事件1回目〜購入後2ヶ月で盗難〜

1度目の自転車はこんな形のマウンテンバイクでした。

一つ目の自転車の画像(マウンテンバイク)

盗難されるまで、毎日家から仕事場まで乗って通っていました。

土日を除くと、盗まれるまで約40日は乗れました。

盗難現場
  • オフィス近くの屋外
  • 前にはサブウェイがあり、人通りも多い
  • 朝8時すぎに置いて、夜18時の時点でなかった(夜間は置いていない)

鍵をかけていたのに、どうやって盗まれたのか、グリット七不思議の1つです。

自転車盗難事件2回目〜購入後まさかの3日で盗難〜

2度目の自転車はこんな形のロードバイクでした。

2つ目の自転車(ロードバイク)

このバイク、実は乗れたのはたった2度だけ

しかも、1度目は購入してから家に持って返るまでという。

 
グリット
本当に残念でした。
盗難現場
  • 盗まれた場所はマンションの駐輪場
  • マンションの駐輪場に鍵がかかっており、マンションの入り口と駐輪場の計2回鍵で開ける必要があるので、住民以外そもそも自転車までたどり着かない
  • 鍵はかけていた(はず)

1度目よりもさらにひどい七不思議

 
グリット
こんなんじゃ、誰も信用できない。

結構なレベルでアメリカが嫌いになった瞬間でした。

アメリカ人に教えてもらった自転車を盗まれないようにする対策

摩訶不思議な盗まれ方を2度もしてしまった私ですが、それ以降はなんとか盗まれずにやっています。

そのために、アメリカ人に何度も聞いて聞いて教えてもらった自転車盗難対策@アメリカを今回はお教えいたします!

1、前輪、後輪それぞれに鍵をつける

冗談なようですが、鍵を2つかけておくと、盗人もやる気を無くして盗まれにくいようです。

2、自転車をとめるときは、他に自転車があるところにとめる

他にも自転車があると、盗まれる確率はその分減ります。

3、自転車のタイヤだけや鍵だけが止められている場所には止めない

わかりやすいと言えば分かりやすいですが、前輪だけ残っていたり鍵だけ残っている場所は、他の自転車がすでに盗まれている場所なので、止めないようにしましょう。

4、あまり高い自転車は買わない

そもそも論ですが、高い自転車を買うと盗まれやすいみたいです。

2度目の自転車は1度目のよりも良いもので、マンションの駐輪場では厳重に管理されていても盗まれたので、そういう高い自転車は買わないほうが良いかもしれません。

5、家の中に保管する。

もし高い自転車を買った場合ですね。

マンションの駐輪場ですら安心できないので、もう家の中に持って帰って止めておくしかないですね。

私も今は家の中に保管しています。

まとめ!高価な自転車を盗まれないようなポイントのおさらい!

3ヶ月で2度も高価な自転車を盗まれるとさすがに落ち込みました。

日本と同じ感覚でいたつもりはないのですが、同じような目に皆さん合わないように気をつけてください。

盗まれないようにするポイントをおさらい

  • 鍵は2つつける!
  • 単独で自転車を止めない
  • 盗まれた跡のある場所は避ける
  • 高価な自転車はさける
  • 特に大切な自転車は家の中に保管する

記事はいかがでしたか?

読んでいただいた方に関心がありそうな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>

自転車を盗まれた記事のタイトル画像
最新情報をチェックしよう!
Ad