【トンガ】ヌクアロファのファアモツ国際空港【両替・SIM・市内への移動方法】

トンガの首都ヌクアロファに行くから、
到着後ファアモツ国際空港で何をしたら良いか教えて!
 
グリット
この記事ではこんな要望にお応えします。

ファアモツ国際空港は、実は平成の始めに日本がJICAを通じて支援して建設した空港です。

今では、トンガの人が海外に行く場合の8割以上がこの国際空港を利用しているというほど、トンガで利用されています。

ただ、日本語での情報はほとんどないため、この記事で詳しく解説することにしました。

この記事で分かること

  1. 空港と首都ヌクアロファの位置関係
  2. 空港で現金を手に入れる方法【両替・ATM】
  3. 空港でSIMを購入する方法
  4. 空港から市内までの移動方法

ご参考に:海外旅行のお得情報
★海外旅行プラン・見積もり無料一括問い合わせならタウンライフ旅さがしが便利です。
★現地ツアーの予約には、日本語現地ツアーを扱うタビナカがおすすめです。

Ad

ファアモツ国際空港は市内から約10km

トンガのファアモツ国際空港は、トンガのメイン島の南東側に位置しています。

ヌクアロファの市内から南に約10kmの距離があります。

車で移動すると、渋滞していなくても約40分ほどの移動時間がかかります。

ファァモツ国際空港で両替・ATM

荷物を受け取ってドアを抜けるとすぐに屋外になります。

両替できる場所やATMは出口を出てすぐ右側にあります。

両替

Money Exchangeと書かれているのが両替所です。

トンガの通貨は、パアンガ(トンガドル)という単位を使います。

1パアンガが約50円、つまり200パアンガで1万円が目安です。

両替所で両替する場合は、手数料を多く取られるので、1万年を両替しても200パアンガ以下になってしまいます。

 
グリット

個人的には、手数料の少ないATMからキャッシングする方法がトンガでもオススメです。

 

 

ATMでキャッシング【おすすめ】

両替所で両替するよりも、クレジットカードを持っていき、ATMでキャッシングする方が手数料が安く済むのでおすすめです。

日本のATMから銀行のカードでひきおろすのと同じように、ATMにクレジットカードを入れて、暗証番号を入れることでお金をひきだすことができます。

▼ATMでよく見る基礎英語

  • Withdrawal:引き出し
  • Deposit:預け入れ
  • Current:普通口座
  • Saving:貯蓄口座
  • Credit:クレジットカード
 
グリット
基本の流れとしては、WithdrawalからCreditを選択し、値段を選べばOKです。

クレジットカードによってもかかる手数料が異なり、手数料が特に安くておすすめなのが、「セディナカードJiyu!da!」です。

▼年会費無料なうえ、海外での利用した分は1.5%ポイント還元されます。

一方で、セディナカードJiyu!da!には、海外旅行傷害保険が付帯していないので、海外旅行保険については、こちらも年会費無料のエポスカードを利用するのが良いでしょう。

▼ネットからの入会で2000円分のポイントがもらえるキャンペーン中

ファアモツ国際空港でSIMカード購入

SIMカード売り場も両替の並びにあります。

 
グリット

トンガのホテルでは、WiFiが有料だったりとても遅かったりするので、事前にSIMかポケットWiFiを用意しておくことを強くおすすめします。

 

 

トンガのSIMカードは2種類です。

  1. DIGICEL
  2. U-Call

 

 
さるまる
どちらも、空港の販売所で購入することができます。

DIGICEL

トンガのメインアイランド「トンガタプ」のみを訪問する場合には、DIGICELが良さそうです。

他の島だと電波のあるエリアは限られているのですが、トンガタプではU-Callよりもスピードが早いそうです。

 
グリット
実際、Youtubeなどの動画も見ることができました。

U-Call

他の島にいく場合には、U-Callを選ぶと良いでしょう。

U-Callは、トンガのほぼすべての島をカバーしているそうです。

SIMの購入方法と値段

SIMを購入する際には、パスポートなどの身分証明書が必要です。

SIM自体は、どちらも5パアンガ(約250円)で、3GBのデータを使うのに50パアンガ(約2500円)がかかります。

値段に関しては、どちらもあまり変わらないようでした。

ポケットWiFiを持っていくのも良い

今回、SIMカードについて調べましたが、トンガにはポケットWiFiを持っていくのも良さそうです。

SIMカードを購入しても、3GBごとに2500円となかなか高い値段がかかり、ホテルのWiFiも遅かったり有料だったりするためです。

▼グローバルWiFiならトンガも対応しています。

海外行くなら空港で受け取れるポケットWiFiを忘れずに!
現地でGoogle Map・検索ができると旅も超便利に!
▼ここからのリンクでなんと1,000円引き

 

ヌクアロファ 市内へのアクセス方法

続いて、空港から市内へのアクセス方法についてご紹介します。

アクセス方法は2つしかありません。

  1. ホテルのピックアップサービス
  2. タクシー

地元の人に確認しましたが、他の国だとよくあるようなUBERやGrabなどのライドシェアサービスや、公共交通は存在しないようです。

ホテルのピックアップサービス

多くのホテルでピックアップサービスが行われています。

値段はホテルによって違い、事前予約が必要になるので確認しておきましょう。

タクシー

ホテルのピックアップサービスを予約していなくても、空港の外に出たらタクシーがいて、市内まで移動することができます。

トンガタプのタクシーは、メーターだと最初の1キロメートルで最低3パアンガ、その後1キロメートルあたり1.5パアンガかかるようです。

空港からヌクアロファ市内へは、だいたい 30−50パアンガ(1500−2500円)かかると思っておくと良さそうです。

トンガ:ヌクアロファ空港まとめ

以上、この記事ではトンガのヌクアロファの空港について、両替やSIM、市内への移動方法についてまとめました。

この記事があなたのトンガへの旅に役立てば嬉しいです!

他にもトンガや他の国に関する情報を記事にしていますので、ぜひ読んでみてください。

▼トンガに関する記事を読む

▼海外旅行に関する記事を読む

海外で高給取りの仕事を取りたいなら
英語+プログラミング
大学生・社会人・専業主婦・子ども
でもオンラインで隙間時間に勉強できる
英会話
無料体験1回
さらに初月半額

プログラミング
オンライン

無料説明会
最新情報をチェックしよう!
Ad