ドーハ観光:7時間以上の乗り継ぎ時間【2019年最新情報】

カタール航空の素晴らしさ(ビジネスクラス・ラウンジ世界一位)については、こちらの記事でご紹介しました。

関連記事

[afTag id=3466]世界には多くの航空会社がありますが、航空会社のランキングが発表されているのをご存知でしょうか?グリットベスト10はこのようになっています。 シンガポール航空 ニュ[…]

今回の記事では、そんなカタール航空の本拠地ドーハでの乗り継ぎ観光について紹介します。

2019年に実際にドーハで7時間乗り継ぎを生かして、現地観光した経験に基づいてお話しします。

カタール政府公認のツアーなので、ビザも必要なくとても簡単でした。
※2018年までは無料の観光ツアーでしたが、現在は有料ツアーになっています。

ご参考に:海外旅行のお得情報

★海外旅行・出張の航空券を予約する際には、スカイチケットから一括検索して購入すると、値段や時刻から比較できるので便利です。
★現地情報の収集には、ソフトバンクグループが運営するブック放題というサービスを使うと、1ヶ月無料るるぶを読むことができます。
現地の観光情報が知りたい!という時にるるぶの本を買うと、1冊で1000円程するので、無料で読めるのはかなりお得ですね!
海外旅行にタイミングで登録して、無料で現地情報をゲットしましょう。
★現地ツアーの予約には、海外オプショナルツアーアクティビティ予約サイトの【タビナカ】が便利です。
日本語での案内のあるツアーが世界中で見つかるので、初めて行く場所でも安心!
>>タビナカで現地ツアー情報を見る
Ad

ドーハ乗り継ぎ観光の手続き:予約・時間・料金

(画像出典:Discover Qatar)

空港到着後、乗り継ぎ観光の窓口に行くことで、手続きができます。
※入国審査を出てしまうと、このツアーには参加できないので注意してください。

窓口までの経路は下の動画でご確認ください。
(動画が揺れていて少しわかりにくいかもしれませんが、大体の様子はわかるかと思います。)

インターネットでの事前予約

乗り継ぎ時間がはっきりしている人は、事前に予約しておくこともできます。

飛行機が遅れるリスクがあるため、わたしは特に予約せずに利用しました。
18時からの回で、予約終了時間の10分前くらいの到着でしたが、問題なく当日券を購入できました。

一方で、20時の回はすでに満席だったので、団体客が事前予約している可能性もあります。確実に乗り継ぎ観光がしたいという人は事前のインターネット予約しておくと良いでしょう。

インターネットでの事前予約は、カタール航空の公式サイト(英語)ですることができます。

時間

ツアーは1日6回行われています。
1回あたりの観光時間は3時間です。

ツアー開始時刻チケット販売終了時刻集合時間集合場所出発時刻
午前8時午前6時45分午前6時50分午前7時
午前10時半午前9時15分午前9時20分午前9時半
午後3時午後1時45分午後1時50分午後2時
午後6時午後4時45分午後4時50分午後5時
午後8時午後6時45分午後6時50分午後7時
午後9時半午後8時15分午後8時20分午後8時半

最新情報は公式ホームページ(英語)でご確認ください。

料金

2019年7月現在、ツアーの料金はQAR75(約2500円)です。

以前は無料だったようですが、現在は料金がかかります。
無料はすごすぎますが、3時間かけてバスで連れて行ってもらえるので、この料金でも十分安いと思います。

 

ドーハ乗り継ぎ観光のツアー内容

訪問場所は、上記画像の4箇所です。

次のような順番で回りました。

  1. Museum of Islamic Art (外から眺めるだけ)
  2. Katara Cultural Village
  3. The Pearl
  4. Souq Waqif

Museum of Islamic Art(イスラム美術館)

イスラム美術館

夜ですでに閉まっていたからかもしれませんが、18時開始のツアーでは、中に入らずに対岸から眺める感じでした。

高層建築の立ち並ぶドーハの市街地とイスラム美術館、夕焼けが一緒にみることができて、とても幻想的でした。

Katara Cultural Village

(出典: Kempensiki Hotel

2箇所目に訪問したのが、「Katara Cultural Village」です。

すでに暗くなってしまっており、全体がわかる写真がなかったので、Kempensiki Hotelの写真を参考に載せさせていただきました。

イスラム建築の雰囲気が味わえるエリアになっています。

滞在時間は20分程度で、中に入ったりゆっくりみる時間がなかったのが少し残念でした。

The Pearl(ザ・パール)

もともと海だったところを人口の島として埋め立てて再開発した場所です。

高層の住宅とヨットが印象的です。

さすが中東という感じで、ものすごい量のオイルマネーで作られたのだろうなという印象の場所でした。

Souq Waqif(スーク・ワキーフ)

このスークワキーフが個人的には一番気に入りました。

昔からのスーク(市場)が2006年頃にリノベーションされたエリアだそうです。

中東独特な雰囲気がありながら、トイレやお店などはきちんと新しいので、観光しやすかったです。

観光客が多いですが、地元の人向けのスパイスなどが売っているお店もあります。

ドーハ乗り継ぎ観光まとめ

日本のバスツアーのように、ガイドの人が説明してくれながら主要名所に連れて行ってもらえるので、とても簡単でした。

7時間以上の乗り継ぎ時間がある方にはとてもおすすめです。

わたしは乗り継ぎ時間が11時間ほどあったので、このツアーに参加してから近くのエアポートホテルで休憩してシャワーを浴び、次の目的地へと向かいました。

エアポートホテル情報はこちら

グリットカタール航空に乗ってドーハで乗り継ぎしてきました。「空飛ぶ五つ星エアライン」と言われている通り、カタール航空の飛行機はとても快適でサービスが充実していました。ヨーロッパに行く時はドーハ経由でカタール航[…]

 

海外行くなら空港で受け取れるポケットWiFiを忘れずに!
現地でGoogle Map・検索ができると旅も超便利に!
▼ここからのリンクでなんと1,000円引き

 

最新情報をチェックしよう!
Ad