国際公務員の給与事情【世界銀行ではいくらもらえるのか?】

国際協力を仕事にしたい」、「国際公務員になりたい」、と考えているあなたへ。

ボランティアとしてだけでなく、キャリアとして国際協力を考えている場合、国際公務員の給与事情は気になるところだと思います。

国連職員については、実は外務省国際人事センターのページにて、日本語で説明がされています。

一方で、ユニセフなどの「国際機関」と世界銀行などの「国際金融機関」は異なる給与基準を持っていますが、日本語で説明が書かれているものは見つかりませんでした。

国際機関は外務省の管轄、国際金融機関は財務省の管轄ということも、外務省国際人事センターに載っていない理由かと思います。

わたし自身、国際機関でのキャリア形成に関心が高いので、世界銀行職員の給与基準についてまとめました。

今回まとめているのは、職員の給与であり、コンサルタントの給与は異なることをご了承ください。

コンサルタントについては、こちらの記事で別途まとめています。

関連記事

国際機関で将来働きたいと思っているあなたに。世界銀行には、コンサルタント(Short Term Consultant)という雇用形態があることをご存知でしょうか?簡単にいうと「任期付」で「年間の労働日数に制限」のある「契約社[…]

Ad

国際金融機関(世界銀行)の給与基準

最新の世界銀行の給与基準(英語)は、2018年6月に発表されています。

本記事では、この公式情報に基づき、国際金融機関職員の給与を読み解いていきます。

世界銀行本部職員の年収

世界銀行本部職員の給与は、アメリカ合衆国の消費者物価指数(CPI)に基づいて決められています。

レベル中央値(アメリカドル)中央値(日本円:1ドル107円換算)
GA39,300420万円
GB48,000513万円
GC58,700628万円
GD69,300741万円
GE84,1001006万円
GF123,1001317万円
GG163,0001744万円
GH221,0002364万円
GI294,6003152万円
GJ331,7003549万円
GK368,7003945万円
さるまる
レベルってなんだ?
グリット
GAとか言われてもよくわからないので、レベルも調べてみました。
情報もとは、こちらの世界銀行公式サイトです。

世界銀行職員の種類

GA〜GD:事務職員

GA-GDは、事務職員のようです。
主なタイトルとしては、次のようなものがありました。
  • GA: Office Assistant
  • GB: Team Assistant
  • GC: Program Assistant
  • GD: Senior Program Assistant

GA – GDレベルのポジションには、学士号と2 – 3年の経験が必要だそうです。

GE-GI:専門職・技術職

GE以上が、事務ではなく専門職としてとなっているようです。
GE以上の役職のイメージは、次の通りです。
  • GE: Analyst
  • GF: Professional
  • GG: Senior Professional
  • GH: Manager,
GEレベル以上で採用されるには、修士号または博士号に5年間の経験が必要だと書かれています。
本部で専門職の場合、最初のGEレベルで1000万円越えしています。
日本の給与基準から比べると高給ですが、アメリカは物価も平均給与も日本よりも高いですから、どうなのでしょうか。

GH-GJ:管理職

GH以上が、世界銀行の管理職という位置づけになっています。
  • GH: Manager
  • GI: Director, Senior Advisor
  • GJ: Vice President
  • GK: Executive Vice President
管理職になると2000万円越えというイメージですね。

世界銀行職員の手取りはいくらになるのか?

これまで給与について確認しましたが、額面ではなく手取りはいくらになるのでしょうか?

世界銀行のコンサルタント職の記事でも書きましたが、国際公務員の場合は、税金がひかれないため、額面が手取り金額になるようです。

また、年収計算のため、ボーナスなどは特にないようですね。

つまり、上記に書かれた金額=手取り金額という認識でよさそうです。

国際金融機関(世界銀行)の福利厚生

世界銀行の福利厚生については、こちらのページに英語でまとめられています。

日本語にして分かりやすく解説していきます。

各種社会保険

健康保険、生命保険、事故保険、労災補償が含まれているようです。

また、自己負担で追加の生命保険、傷害保険に入ることもできます。

年金プラン

世界銀行の年金プランがあるようです。

移住時のサポート

国際採用(International Recruitment Staff)というカテゴリで採用された場合には、移住時のサポートがあるようです。
具体的には、赴任時と雇用終了時に、移住のための費用が支給されます。

また、国際採用の場合はモビリティプレミアムというものももらえるようです。

有給休暇

世界銀行の有給休暇は、年間26日間と15日間の病気休暇なようです。

世界銀行職員の給与事情まとめ

以上、この記事では国際金融機関として有名な世界銀行グループの給与事情についてまとめました。

これまで日本語では資料がなかったので、将来国際機関で働いてみたいと思っている人の参考になれば幸いです。

わたしが国際機関で働けるようになるまでの半生もプロフィールでまとめているので、良かったら読んでみてください。

関連記事

グリット初めまして。 このブログの管理人グリット(@GlobalLifetips1)です。さるまるグリットってことは外国人なの?グリットバリバリ日本生まれの日本人です。[…]

IMG
関連記事

 さるまる「世界で生きる」とか「海外留学」して「アメリカの首都ワシントンDC在住」とか言うと、超意識が高い系に聞こえるよね。 グリットしかし実を言うと、わたしはもともとは周りに流されるタイプで[…]

記事はいかがでしたか?

読んでいただいた方に関心がありそうな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>

最新情報をチェックしよう!
Ad