ビエンチャンのグルメ【ランチ向け本場のおすすめラオス料理店2選】

グリット
ラオス料理は、タイ料理に似ていて、どれも日本人の舌に合い、とても美味しいです。
さるまる
しかも、タイ料理に比べると辛さも少し控えめなんだってね!

 

この記事では、ラオスの首都ビエンチャンで、実際に食べてランチが美味しかった本場のラオス料理のお店を2店ご紹介します。

他にも、おすすめの夜ご飯スポットカフェは別記事で紹介しているので、読んでみてください。

ご参考に:海外旅行のお得情報

★海外旅行・出張の航空券を予約する際には、スカイチケットから一括検索して購入すると、値段や時刻から比較できるので便利です。
★現地情報の収集には、ソフトバンクグループが運営するブック放題というサービスを使うと、1ヶ月無料るるぶを読むことができます。
現地の観光情報が知りたい!という時にるるぶの本を買うと、1冊で1000円程するので、無料で読めるのはかなりお得ですね!
海外旅行にタイミングで登録して、無料で現地情報をゲットしましょう。
★現地ツアーの予約には、海外オプショナルツアーアクティビティ予約サイトの【タビナカ】が便利です。
日本語での案内のあるツアーが世界中で見つかるので、初めて行く場所でも安心!
>>タビナカで現地ツアー情報を見る
Ad

ビエンチャンのラオス料理店1:Le Plateau Café

まず、1つ目にご紹介するのが、Le Plateau Cafeというお店です。

おしゃれすぎる店内

上の写真の通り、店内がかなりおしゃれです。

外見からはわかりにくいのですが、日本でも最近流行っているような、内装をリノベーションしたようなデザインで、センスが感じられます。

写真は2階の様子で、実際にはお店は1階と2階で構成されています。

明るい店内の雰囲気を楽しみたい場合は、2階で食事することをおすすめします。

Name
店内の雰囲気の良さから、食事が出て来る前からかなり期待ができそうです。

タイ料理風なご飯

食事はご飯ものから麺類、チャーハンぽいものまで色々ありましたが、今回はご飯とチキンの炒め物のセットにしました。

メニューも写真がすべて付いているので、とても選びやすかったです。

実際に食べてみたところ、唐辛子が入っている見た目に反して、辛さはマイルドで非常に食べやすかったです。

ご飯にもバジルが乗っていたりと、日本でいうカフェランチのような印象です。

清潔感もあるローカルなお店はとても貴重なので、超おすすめです。

お店へのアクセス

お店へのアクセスは、下記の地図を参考にしてください。

ナイトマーケットのある場所からも歩いてすぐです。

 

おすすめラオス料理店2:Kin eat&drink


(出典:Kin eat & drink Facebookページ)

2つ目にご紹介するのが、Kin eat&drinkというお店です。

こじんまりとして落ち着いた店内

こちらは、1つ面紹介したLe Plateau Cafeと比べるとローカル色が少しだけあります。

天井からラオスの農家で使われるような編み細工が飾られていたりと、少し特徴的なセンスの店内です。

窓際には、大きな窓に面して席があるので、店内にいながらも街を歩いている人の雰囲気を味わえるという点で良いです。

こちらも食事がおいしい

こちらでは、タイでいうガパオライスのようなメニューを頼みました。

日本語でいうと、「鶏ひき肉と細切り野菜のバジル炒めご飯、目玉焼き乗せ」という感じです。

こちらも全く辛くなく、かといって甘過ぎることもなく、日本人の口にとても良く合う味付けでした。

お店へのアクセス

お店へのアクセスは、下記の地図をご覧ください。

1つ目のお店から徒歩3分くらいの位置にあります。

こちらはメイン通りに面しているので、見つけやすいと思います。

 

ビエンチャンで食べるラオス料理は絶品

以上、この記事ではビエンチャンでおすすめのランチ向けラオス料理店を2つご紹介しました。

写真でみていただいてわかる通り、とてもおしゃれな店内で日本人が好きなカフェメニューのような食事を楽しむことができます。

値段も非常にお手頃ですし、海外旅行どこに行こう?と思っている方は、ぜひラオスを訪れてみてくださいね!

\他にもラオス旅行記事書いているので、読んでみてください/

 

海外行くなら空港で受け取れるポケットWiFiを忘れずに!
現地でGoogle Map・検索ができると旅も超便利に!
▼ここからのリンクでなんと1,000円引き

 

最新情報をチェックしよう!
Ad