JAL USAとANA USA比較:アメリカ赴任最初に作りたいクレジットカードはどっち?

アメリカ赴任時のクレジットカードはANA?JAL?どっちが良いの?

 

セカイキ

こんな疑問にお答えします!

 

アメリカに赴任することになった場合に考えたい、現地でのお金のこと。

銀行口座とともに、大切になってくるのがクレジットカードです。

ぶた貯金
さらには、現地での資産運用なども・・・。

資産運用については、アメリカ在住での投資・資産運用実績【ロボアド・仮想通貨・高金利口座】の記事でもまとめているので、興味のある方は見てみてください。

この記事は、アメリカのクレジットカードのなかで、最初に作れるクレジットカードとして人気のANAとJALのUSAカードについて比較していきます。

そもそも、クレジットカードの作り方がわからない!という人は、【アメリカ駐在員必見】クレジットカードを作る方法まとめの記事が役に立つ思います。

具体的に、この記事では、以下の2点でANAとJAL USAカードを比較していきます。

比較ポイント

  1. 年会費・コストで比較
  2. マイルの貯まりやすさで比較

 

ANAとJAL USAカード:年会費・コスト

セカイキ
まずは、費用面から比較していきます。

ANA USAカードの年会費・コスト

ANA USAカードの年会費はとてもシンプル、年間70ドルです。

ぶた貯金
駐在パックとあわせて申請することで、初年度は年会費無料になるのでおすすめです。

詳しくは、ANA Card USAレビュー【キャンペーンや解約方法】の記事でまとめています。

JAL USAカードの年会費・コスト

続いて、JAL USAカードです。

こちらは、年会費が2種類あって少し複雑です。

  • 年会費20ドル:通常
  • 年会費20ドル+50ドル(合計70ドル):マイルが貯まりやすくなる

つまり、マイルの貯まりやすさによって年会費が変わってきます。

ぶた貯金
4−9月頃によく行っているキャンペーンの時に登録すると、初年度の年会費20ドルが無料になります。
(マイルを貯めやすくする追加の50ドルは、年会費無料でもかかります。)

詳しくは、JAL USAカードレビュー【キャンペーンや解約方法】の記事で解説しています。

年会費・コストの比較結果

単純に安い年会費を求める場合は、JAL USAカードの方が安いオプションがあります。

一方で、ANAの飛行機で渡米する場合には、70ドル分の初年度年会費が無料になるANA USAカードの方がお得度は大きいでしょう。

ANAとJAL USAカード:マイルの貯まりやすさ

セカイキ
続いて、マイルの貯まりやすさで比較していきます。

表で比較していきます。

年会費別のマイル比較

ANA USAJAL USA
年会費70ドル年会費20ドル年会費70ドル
1ドルで1マイル2ドルで1マイル1ドルで1マイル

同じ年会費(70ドル)を払う場合、JALとANAどちらも同じようにマイルが貯まります。

一方で、JALの年会費20ドルのプランでは、2ドルで1マイルと全然貯まりません。

1マイルの価値を安く見積もって1セントとしても、年間で5000ドル(50万円程度)以上利用する予定があれば、年会費70ドルを払った方がお得になる計算です。

どちらもマイルが貯まりにくい

セカイキ
正直なところ年会費70ドルで、1ドルで1ポイントというのは、アメリカのクレジットカードのなかでは、あまり良くありません。
ぶた貯金
そのため、このブログでは、できるだけ早く(渡米約半年くらいから)アメリカのクレジットカードに切り替えることをおすすめしています。
半年後に切り替えることを考えると、年会費が無料でない場合には、年会費の安いJALにしておくのも一つの手だと思います。
例えば、JALが好きならアメリカでJALマイルを貯めるためのクレジットカードの記事で紹介しているマリオット系列のカードもありでしょう。
また、ANAが好きならアメリカでANAマイルを貯めるならにユナイテッドクレジットカードで紹介しているものや、ANAマイルに交換できるAMEX系列も良いでしょう。
参考までに、AMEX系列の全てのカードを、アメリカのアメックスクレジットカード全16種類まとめで紹介しています。
ぶた貯金
選択肢はたくさんあるので、先を見越してクレジットカードを作っておくのが良さそうです。

ANAとJAL USAカード比較まとめ

以上、この記事では、アメリカ赴任の最初の頃に作ると便利なANA USA カードとJAL USAカードを比較しました。

簡単にまとめ

  1. ANA USA、JAL USA両方は必要ない。
  2. 駐在パックで初年度年会費無料になるならANAがお得
  3. 年会費を安く済ませたいならJAL USAカードが安いオプションもある
  4. 駐在半年以降は、よりお得なクレジットカードに切り替えていくことがおすすめ

アメリカの滞在では、お得なクレジットカードが多くあるので、ぜひ色々とトライしてみてください。

このブログでは、アメリカのクレジットカード情報を中心に、海外生活に役立つ情報をまとめています。

▼他のおすすめ記事もぜひ読んでみてください。

最新情報をチェックしよう!