アメリカのデルタ航空クレジットカード4種類の比較&まとめ 

アメリカのデルタ航空のクレジットカードが気になる!
セカイキ
この記事では、そんな方向けに、アメリカにある4種類のデルタ航空のクレジットカードについて、比較して解説します。

アメリカに生活して旅行するには、デルタ航空はサービスもよくお勧めできる航空会社です。

ぜひこの記事を通じて、デルタ航空に関心を持っていただけるとうれしいです!

アメリカのデルタクレジットカード比較表

まずは、4種類の比較を表でまとめます。

カード名
(公式リンク)
デルタブルー
公式リンク
デルタゴールド
公式リンク
デルタプラチナ
公式リンク
デルタリザーブ
公式リンク
年会費無料150ドル(初年度無料)350ドル650ドル
入会ボーナス
(ドルでの価値)
6か月以内に1000ドル利用で1万マイル
(120ドル程度)
6か月以内に3000ドル利用で7万マイル
(120ドル程度)
6か月以内に4000ドル利用で9万マイル
(120ドル程度)
6か月以内に6000ドル利用で10万マイル
(120ドル程度)
1ドルごとの獲得マイル通常→1マイル
レストラン、デリバリー→2マイル
通常→1マイル
レストラン、テイクアウト、スーパー、デルタ→2マイル
通常→1マイル
レストラン、スーパー→2マイル
ホテル、デルタ→3マイル
通常→1マイル
デルタ→3マイル
デルタ航空ならではの特典5,000マイルごとに最大$50のフライト代金を割引
機内購入で20%割引
5,000マイルごとに$50フライト代金を割引
1つ目の受託手荷物無料
1年に10,000ドル利用で200ドル分還元
マイルでの予約が15%オフ
優先搭乗
100ドルのデルタステイクレジット
コンパニオンサーティフィケート(メインキャビン)
1つ目の受託手荷物無料
デルタ航空の上級会員になりやすい(ボーナスMQD)
マイルでの予約が15%オフ
優先搭乗
150ドルのデルタステイクレジット
コンパニオンサーティフィケート(メインキャビン、ファースト、コンフォートプラス)
1つ目の受託手荷物無料
デルタ航空の上級会員になりやすい(ボーナスMQD)
空港ラウンジへのアクセス
機内購入で20%オフ
優先搭乗
200ドルのデルタステイクレジット
その他の主な特典ShopRunnerメンバーシップが無料ライドシェアでの120ドルキャッシュバックライドシェアでの120ドルキャッシュバック
毎月20ドルのReseyクレジット

 

アメリカのデルタクレジットカード:4種類の解説

続いて、各カードについて、解説していきます。

各カードの詳細は別記事でまとめていますので、この記事では、特徴を簡潔にまとめます。

デルタブルー

ぶた貯金
特徴を一言で表すと、年会費無料で良い一方で、特典もそこそこという感じというクレジットカードです。
セカイキ
外貨取扱手数料が無料で、普段使いでデルタマイルが貯まるので、最終的にデルタマイルを獲得して使いたいという人には良いでしょう。

比較対象となる、年会費無料のクレジットカードとしては、下記があります。

  • ヒルトンオナーズ(公式リンク):獲得ポイントをヒルトンホテル系列に使うなら。
  • AMEXエブリディ(公式リンク):獲得ポイントを、フレキシブルに使いたいなら(AMEX MRポイントは、ヒルトン、ANA、デルタなどに交換できます。)

デルタブルーカードの詳細については、【年会費無料】Delta SkyMiles Blue American Express クレジットカードレビューの記事をご覧ください。

関連記事

年会費無料のDelta SkyMiles Blue American Express Cardが気になる!セカイキそんな方向けに、このクレジットカードの特徴をまとめて解説します。すぐに公式サイトからチェックしたい[…]

デルタゴールド

セカイキ
デルタゴールドは、アメリカのデルタ航空のクレジットカードのなかで、比較的バランスの取れたカードといえます。

「1年に10,000ドル利用で200ドル分還元」や「$100 分のDelta Stay credit」がついてくるので、比較的簡単に年会費の分は取り戻せます。

また、優先搭乗や1つ目の受託手荷物無料の特典があるので、デルタ航空を定期的に使いたい人にとっても、おすすめです。

比較対象となる、年会費100ドル程度のクレジットカードとしては、下記があります。

  • AMEXエブリデイ プリファード(公式リンク):年会費95ドル。使い勝手の良いAMEXのポイントが、かなり効率的に貯まります。
  • チェースサファイアプリファード(公式リンク):年会費95ドル。Chaseポイントも使い勝手が良く、おすすめです。

デルタゴールドの詳細については、アメリカ版デルタアメックスゴールド解説【初年度は年会費無料】の記事をご覧ください。

関連記事

アメリカのデルタアメックスゴールドが気になるセカイキそんな方向けの記事です。アメリカのクレジットカードを研究しているわたしも実際に作ったおすすめのカードです。実際に作ったカード紹介はアメリ[…]

デルタプラチナ

セカイキ
デルタプラチナカードは、デルタ航空に2人以上で1年に1度は乗ってアメリカ国内・近郊を旅行する・したい!という方向けのカードです。

このカードの1番の特徴は、コンパニオンサーティフィケートがついてくることです。

コンパニオンサーティフィケートとは、デルタ航空でチケットを購入する際に、同行者の往復チケットを、税金と手数料のみ(最大80ドルまで)で予約することができるというものです。

比較対象となる、年会費350ドル程度のクレジットカードとしては、下記があります。

  • AMEXゴールドカード(公式リンク):年会費250ドル:年会費と特典を比べると、特典の方が多いAMEXの人気カード

 

デルタプラチナの詳細については、アメリカ版Delta SkyMiles Platinum American Expressクレジットカードレビューの記事をご覧ください。

関連記事

AMEXのDelta SkyMiles Platinum クレジットカードが気になる!セカイキそんな方向けに、解説します!アメリカには、デルタ航空系のクレジットカードが4つあり、こちらは上から2つ[…]

デルタリザーブ

ぶた貯金
デルタリザーブは、最も年会費が高いカードで、デルタ航空を頻繁に利用する人にとって価値のあるカードです。
デルタプラチナについてくるコンパニオンサーティフィケートもアップグレードされ、ファーストクラスなども対象になります。
また、ラウンジへのアクセスがついてくるので、デルタ航空をかなりの頻度で利用すると、元が取れるようになるカードといえます。

比較対象となる、年会費650ドル程度のクレジットカードとしては、下記があります。

  • AMEXプラチナカード(公式リンク):年会費695ドル:AMEXの最高峰カード

 

デルタリザーブの詳細については、デルタ航空最高峰:Delta SkyMiles Reserve American Express クレジットカードレビューの記事をご覧ください。

関連記事

AMEXのDelta SkyMiles Reserve クレジットカードが気になる!セカイキそんな方向けに、解説します!アメリカには、デルタ航空系のクレジットカードが4つあり、こちらは最上級のカー[…]

 

アメリカのデルタクレジットカードまとめ

以上、この記事では、アメリカのデルタクレジットカード4種類について比較し、まとめました。

デルタ航空のクレジットカードに関心のある方に、参考になればうれしいです!

 

このブログでは、アメリカ生活情報・クレジットカード情報を実体験に基づいて、ご紹介しています!
他の記事も、ぜひ読んでみてください!
▼アメリカ生活者向けおすすめ記事

 

最新情報をチェックしよう!