2021年最新:アメリカのアメックスクレジットカード全16種類まとめ

  • 2021年9月15日
  • AMEX
自分に合ったアメリカのアメックスカードを知りたい
セカイキ
この記事では、こんな要望にお答えします。
このブログでもお得なクレジットカードとして、たくさん紹介してきたアメリカのアメックスクレジットカード。
ぶた貯金箱
改めて、全16種類、どんなカードがあるのか、まとめていきます。
16種類とたくさんあるため、還元の方法をもとに、次の3種類でまとめていきます。
  1. アメックスMRポイント系
  2. 現金還元系
  3. ポイント・マイル還元系

 

アメックスMRポイント還元系5種類

まずは、王道のアメックスMRポイント還元系を紹介します。

アメックスMRポイントは様々なポイントやマイルに交換できたり、利用しやすく、現金還元よりもお得になりやすいため、特におすすめです。
ぶた貯金箱

年会費順に紹介していくよ!

Amex EveryDay Credit Card(年会費無料)

1つ目が年会費無料のAmex EveryDay Credit Cardです。

入会ボーナスが基本的に10,000MRポイント。

アメリカのスーパーマーケットでの買い物で1ドル2ポイント、その他は1ドル1ポイント貯まります。

詳しくは、【年会費無料】アメリカ版AMEX Everyday Cardを解説の記事で解説しています。

関連記事
IMG

主な使い道・ポイント

  • 年会費無料でボーナスゲット
  • アメックスMRポイント維持(クレジットカードが1枚でもある限り、ポイントは有効)
  • 普段の買い物でもある程度お得

Amex EveryDay Preferred Credit Card(年会費95ドル)

続いて、年会費が95ドルのAmex EveryDay Preferred Credit Card。

入会ボーナスが基本的にMR15,000ポイントにアップします。

さらに、普段のスーパーでの買い物で1ドル4.5MRポイント、ガソリンが3MRポイント、その他も1.5ポイントと、還元率が最強です。

還元率を上げるためには、月に30回以上カードを使うと言う条件がありますが、どんな利用でも良いので、簡単に達成できます。

詳しくは、アメリカで普段使いに最強のクレジットカードAMEX Everyday preferredの記事で解説しています。

主な使い道・ポイント

  • 普段使いでMRポイントを貯めるのに最強

American Express Green Card(年会費150ドル)

続いて、年会費が150ドルのAmerican Express Green Cardです。
入会ボーナスが通常30000MRポイント、たまにボーナスアップします。
レストラン・交通・旅行で1ドル3MRポイント、その他で1ドル1ポイント貯まります。

主な使い道・ポイント

  • AMEXゴールドやプラチナよりも年会費が安く、バランスの取れたカード

American Express Gold Card(年会費250ドル)

続いて、年会費が250ドルのAmerican Express Gold Cardです。
入会ボーナスが基本的に60,000MRポイント、たまにボーナスアップします。
スーパーやレストランで4倍、旅行3倍のMRポイントが普段使いでもらえます。
他にも、120ドル分のUBERキャッシュや120ドル分のダイニングクレジットがもらえます。

主な使い道・ポイント

  • UBERキャッシュやダイニングクレジットを使えるなら年会費ほぼ無料
  • 普段使いでもポイントが溜まりやすい
  • 入会ボーナス6万ポイントが大きい

The Platinum Card (年会費550ドル)

最後に紹介するのが、The Platinum Cardです。
入会ボーナスが基本的に60,000MRポイント、たまにボーナスアップします。
アメックストラベルでの旅行予約(ホテル・航空券)で5倍のMRポイントがもらえます。
また、200ドル分のUBERキャッシュや100ドル分のSaksクレジットがもらえます。
他にも、ヒルトンやMarriottの上級会員になれたり、空港でラウンジに入れたりと、いたせり尽くせるのサービスがついてきます。
詳しくは、アメックスプラチナ VS Chase Sapphire Reserveの記事で紹介しています。

主な使い道・ポイント

  • 旅行好きには最強
  • ホテルの上級会員・ラウンジなどを利用したい人にはかなりお得
  • 年会費は高いが、それ以上のサービス・還元で簡単に元は取れる

現金還元系3種類

続いて、現金還元でもらえるクレジットカードを3種類紹介します。

Cash Magnet Card(年会費無料)

まずは、年会費無料のCash Magnet Cardです。

入会ボーナスで、200ドルの現金還元がもらえます。

また、普段使いでどんな買い物でも1.5% 現金還元されます。

主な使い道・ポイント

  • クレジットヒストリーがなくても、作りやすいので赴任してすぐにおすすめ
  • 年会費無料の割に、全て1.5%現金還元されるのでお得
  • 現金還元派なら持っていて損のないカード

Blue Cash Everyday Card(年会費無料)

同じく年会費無料のBlue Cash Everyday Cardです。

入会ボーナスとして100ドル現金還元がもらえます。

普段の買い物では、スーパーマーケットで3倍、ガソリンやデパートで2倍、その他1倍という還元率です。

主な使い道・ポイント

  • Cash Magnetカードと組み合わせて、スーパーやガソリン、デパートでの買い物に特化して使う

Blue Cash Preferred Card(年会費95ドル:初年度無料)

最後に、年会費95ドル(初年度無料)のBlue Cash Preferred Cardです。

入会ボーナスは150ドルです。

スーパーやネットフリックスなどサブスクで6倍、交通やガソリンで3倍もらえます。

主な使い道・ポイント

  • 買い物利用額が多い場合は、Blue Cash Everydayより還元率が高いためお得
  • Cash Magnetカードと組み合わせて使う

ポイント・マイル還元系

ここからは、ホテルのポイントや航空系マイルとして還元されるクレジットカードを紹介していきます。
ざっくりと、下記3種類に分けられます。
  1. デルタマイル系
  2. ヒルトンホテルポイント系
  3. マリオットホテルポイント系

デルタマイル系4種類

特にお得度が高いのが2番目のデルタゴールドカードです。
他のカードについては、同様の年会費の他のクレジットカードと比べると、お得度で若干劣ります。
セカイキ
デルタマイルに特化して貯めたい!という場合には、どのカードもおすすめです。
詳しくは、デルタアメックスゴールド解説の記事で解説しています。

主な使い道・ポイント

  • 初年度無料は珍しいのでおすすめ(デルタゴールド)
  • デルタマイルで旅行したい派におすすめ

ヒルトンホテルポイント系3種類

続いて、ヒルトンホテルポイント系のクレジットカードです。

年会費別に、3種類あります。

  1. Hilton Honors Amex  年会費0ドル
  2. Hilton Surpass Amex  年会費95ドル
  3. Hilton Aspire Amex  年会費450ドル
このブログでのおすすめは年会費が無料のヒルトンオナーズカードです。
年会費が無料の中では、入会ボーナスがかなり大きく、ヒルトンを利用する人は、ぜひ作りたいカードです。

主な使い道・ポイント

  • 入会ボーナスが高め
  • 年会費の高いカードならヒルトン上級会員になって部屋のアップグレードなどの特典ももらえる
  • ヒルトン系のホテルをよく利用するならおすすめ

マリオットホテルポイント系1種類

最後がマリオットホテルポイント系のクレジットカードです。
こちらは1種類のみ、Marriott Bonvoy Brilliant American Express Cardです。
年会費は450ドル、入会ボーナスとして、75,000マリオットポイントがもらえます。
マリオットホテルでの利用で6倍、レストランやフライトで3倍、その他2倍のポイントがもらえます。
ぶた貯金箱
一ポイントの価値としては、アメックスMRポイントの半分くらいと思っておくと良いでしょう。

主な使い道・ポイント

  • 年会費は高いが、上級会員になって部屋のアップグレードなどの特典ももらえる
  • マリオット系のホテルをよく利用するならおすすめ

 

アメリカのAMEXクレジットカード総まとめ

以上、この記事では、アメリカで作れるアメックスカード全16種類をまとめました。

ご自分に合うカードを見つけてみてください!

私たちが実際に作ったカードについては、アメリカ在住者が実際に作ったおすすめクレジットカード比較&まとめの記事でまとめていますので、参考にしてみてください。

 

このブログでは、アメリカ在住者向けに、クレジットカードを中心に生活情報をまとめています。

ぜひ、他の記事も読んでみてください。
▼おすすめ記事

 

最新情報をチェックしよう!