【普段使いに最強】AMEX Everyday preferredクレジットカードレビュー

  • 2021年9月11日
  • AMEX
アメリカで普段使いするにはどのクレジットカードがコスパ良いの?
 
セカイキ
こんな疑問をお持ちのアメリカ在住日本人の方々に、おすすめをご紹介します。
 ずばり、アメックスエブリディプリファードカードです。 アメックスのクレジットカードといえば、プラチナやゴールドなど、年会費・ステータスが高いクレジットカードが有名です。以下の記事で解説しています。 これらのクレジットカードは、「年会費が高いけど元もとれる」という意味でオススメしました。しかし、色々な特典を使い切るのが難しいという人もいると思います。一方、年会費が高くなくても特典が多い、「コスパの良い」クレジットカードもあります。今回は、そんなコスパ重視のクレジットカードの代表格「AMEX Everyday preferred」をご紹介したいと思います。
ぶた貯金
スーパーでこのクレジットカードを使うと、最大でANAマイルがANA USAカードの4.5倍早く貯まります。
こんな人にオススメ
  • アメリカでANAマイルを貯めている
  • 年会費が安いクレジットカードが欲しい
  • 普段の買い物で効率的にポイントを貯めたい

コスパ最高な理由①ポイントが貯まりやすい

通常、アメリカのクレジットカードでは、1ドル使うごとに1ポイント(またはマイル)が貯まります。例えば、ANA USAカードでは、1ドルごとに1ANAマイルが貯まります。参考:ANA Card USAレビュー【キャンペーンや解約方法】 この基本となる1ドル=1ポイントに加えて、ボーナスポイントがもらえるクレジットカードを普段の買い物で使うことで、より早く・より少ない買い物でポイントが貯まります。
今回ご紹介するAMEX Everyday preferredは、そのボーナスポイントが優れていることから、非常にコスパが良いと言えます。

ボーナスポイント

具体的には、AMEX Everyday preferredでは次のようなボーナスポイントがもらえます。
  • アメリカのスーパーマーケット:3倍(年間最大6,000ドルまで)
  • アメリカのガソリンスタンド:2倍
  • その他全て:1倍
これだけでも、他の多くのクレジットカードよりもお得なボーナスマイルなのですが、このカードのすごさは、これ以上にボーナスポイントが増加する点にあります。

月30回以上の利用でさらにポイント50%アップ

ボーナスポイントを増加させる方法が、月に30回以上使うこと。これにより、すべての購入で溜まったポイントが1.5倍になります。つまり、
  • アメリカのスーパーマーケット:4.5倍(年間最大6,000ドルまで)
  • アメリカのガソリンスタンド:3倍
  • その他全て:1.5倍
ポイントがもらえることになります。スーパーマーケットでのポイントは過去最高に素晴らしいですが、それと同等、またはそれ以上に素晴らしいのが、全ての買い物で1.5ポイントがもらえる点です。年会費が695ドルするAMEXプラチナカードでも普段の買い物は1ポイントしかもらえないので、いかにこのカードが優れているかがわかるかと思います。当然ですが、AMEXの他のどのカードでも、これ以上にポイントが貯まりやすいものはありません。
ぶた貯金箱
30回の買い物は、金額は関係ありませんので、わたしは電車のチャージやスーパーでのちょっとした買い物で調整して、30回を超えるにしています。

コスパ最高な理由②ANAマイルに移行できる

貯めたポイントをどのように使えるかも重要なポイントだと思います。AMEXのカードなので、ポイントは「メンバーシップ・リワード(MRポイント)」という名前で貯まります。このMRポイントは、1ポイントを1マイルでANAのマイルに交換することができます。そのため、AMEX Everyday preferredでポイントを貯め、ANAマイルに交換することで、ANAの特典航空券を予約することができます。

ANA USAカードよりも早く安くマイルが貯まる

例えば、アメリカと日本のエコノミークラスの往復は50,000マイル必要ですが、これをANA USAカードとAMEX Everyday preferredカードで買い物すると、必要な金額・期間がどれくらい違うか考えてみましょう。毎月の消費を以下のように想定します。
  • スーパーでの買い物:500ドル
  • ガソリンの消費:200ドル
  • その他の消費:1300ドル
ANA USAカードの場合、月にたまるマイルは2000マイルですので、50,000マイルためるには、25ヶ月(2年1ヶ月)かかります。一方でAMEX Everyday preferredカードの場合を計算してみましょう。
  • スーパー:500ドル x 4.5 =2250ポイント
  • ガソリン:200ドル x 3 = 600ポイント
  • その他:1300ドル x 1.5 = 1950ポイント
合計で、月に4800ポイント貯まります。これは4800マイルに交換できますので、50,000マイルを貯めるには11ヶ月ですみます。
なんと、同じようにお金を使っていても、AMEX Everyday preferredなら半分以下の金額・期間でマイルが貯まることがわかりますね!

コスパ最高な理由③入会ボーナスがもらいやすい

普段の買い物でもらえるポイントとは別で、入会時にサインアップボーナスとして、20,000ポイントがもらえます。この20,000ポイント自体は、AMEXのプラチナクレジットカードと比べると少なめです。
ぶた貯金
しかし、このポイントをもらうのに必要なのは、最初の3ヶ月間で1,000ドルを支払うという比較的簡単に達成できる条件なのが良いところです。
先ほどの日本アメリカの往復の50,000マイルを貯めたいと思ってカードを作った場合、このボーナスの20,000ポイントを含めれば30,000ポイントだけ貯めれば一度往復できます。それに必要なのは、月に4800ポイント貯めるとすれば、7ヶ月(約半年少し)で達成できます。

コスパ最高な理由④年会費がお手頃

最後に、このクレジットカードの年会費は95ドルです。AMEXでは、AMEX Everydayという年会費が無料のクレジットカードもあるのですが、そのカードではボーナスポイントも普段の利用でもらえるポイントもとてもショボいです。このカードは無料ではないのですが、ポイントの貯まりやすさを考えると、95ドルという年会費は非常にお得だと思います。
ぶた貯金箱
どうせアメリカに住んでいたらクレジットカードを使うのだから、ポイントの貯まりやすいカードのほうが最終的には良いだろうと考えて、無料のAMEXではなく、こちらのAMEX Everyday preferredを作ることにしました。

まとめ:アメリカ在住ならAMEX Everyday preferredはコスパ最強

以上、この記事では、アメリカ在住者の人なら、普段の支払いにぜひ使いたい、コスパ最高なクレジットカード「AMEX Everyday preferred」をご紹介しました。
下記、わたしの紹介リンクですので、もしよろしかったら使っていただけるとうれしいです。▼▼▼
 アメリカは、日本よりもお得なクレジットカードがたくさんあります。日本で同じような特典をもらえることは、まずありえないですので、アメリカに住むことになったら、ぜひお得にクレジットカードを作ることをオススメします!このブログでは、おすすめのクレジットカード情報を中心に、アメリカ生活情報をまとめているので是非読んでみてください。おすすめ記事
  1. アメリカのアメックスクレジットカード全16種類まとめ
  2. アメリカ在住者が実際に作ったおすすめクレジットカード比較&まとめ
  3. アメリカ赴任・駐在が決まったらやること・準備まとめ
   
最新情報をチェックしよう!