海外就職・移住に有利なプログラミングを学びたい人へ【オンライン2選】

日本人が海外に行って就職したい、高い給与が欲しいと思う方に今一番オススメする勉強は、プログラミングです。

アメリカでは現在、そして将来的に最も高い年収が期待できると言われています。

アメリカのウィスコンシン大学の調査によるとコンピューターサイエンスを学んだ人の平均年収は$110,100(約1200万円)、新卒でも$65,900(約700万円)がもらえるとされています。

これは、全米の平均のため、サンフランシスコやニューヨークのような大都市の場合は、平均年収が2000万円を超えてきます。

さるまる
大学の学部が理系でもプログラミングでもないから、今更言われても遅いよ!
グリット
中高生だったら学部の段階からプログラミングを選ぶのは1つの手だね
けど、すでに大学生や社会人でも遅くないよ!
さるまる
遅くないってどういうこと?
グリット
プログラミングは新しいテーマで需要も伸びているから、知識さえあればキャリア変更で働きやすい分野なんだ。
さるまる
そうなんだね。海外就職・移住に有利っていうのは?
グリット
日本人は英語がネイティブじゃないから、海外で働くには英語のハードルが高いって思われがちだよね。
さるまる
やっぱり海外で働くなら英語が完璧じゃないとダメなんじゃないの?
グリット
もちろん英語はできた方が良いけど、ネイティブには一生勝てないよ。だからこそ、ネイティブよりも優れた専門性を持つことが大事なんだ。
さるまる
プログラミングがその専門性でいま需要が高いってことだね
わたしは大学ではプログラミングをほとんど勉強していませんでしたが、アメリカに来てから周りのプログラミングへの関心の高さから、勉強を始めました。
アメリカでは、10代から40代くらいの方の多くが隙間時間でプログラミングを勉強し、より良い仕事へキャリアチェンジしています。
私自身、アメリカに来た時は2年契約でしたが、オンラインでプログラミングを勉強して専門性を周りにアピールし、最終的に契約を無事延長することができました。
グリット
海外で働いてみたい!と思っている人は、仕事や大学以外の隙間時間にプログラミングを始めることをオススメします!
さるまる
日本でもプログラミング職の需要が上がると政府が言ってて給料もあがりそうだから、始めるなら今ですね。
こんな人にオススメ
  • 高い給料が欲しい
  • 仕事や大学で忙しいけど、隙間時間にオンラインでなら勉強できる
  • 英語ネイティブじゃないけど、将来的に海外で働いてみたい
Ad

オンラインスクールでプログラミングを学習【海外就職・移住に有利】

具体的にオンラインで学習できるプログラミングスクールを2つご紹介します。

  1. Coursera:アメリカのオンライン学習サイト。英語で勉強する必要あり。
  2. TECH::CAMP:日本発の未経験者を対象としたオンラインスクール。日本語。
さるまる
結論を教えちゃうと、専門用語まですべて英語で勉強できるという人は、Coursera、それ以外の方は TECH::CAMPが良さそう。
グリット
わたしはTOEICリスニング満点でアメリカで働いているレベルでは英語ができますが、Courseraのコースはすべて英語なのでかなり大変でした。
期間限定
TECH::CAMPはオンライン説明会が無料
パソコンでもスマホでもOK
日本・海外どこからでもOK

 

プログラミングのオンライン学習❶ Coursera(英語必要)

1つ目が英語ですでに勉強できるという方向けに、アメリカのオンライン学習サイトCourseraでプログラミングを勉強する方法です。

サイト自体は日本語でも見ることができますし、日本語の字幕を有志の人がつけてくれているものもあります。

Courseraの優れているところは3点:

  1. 世界の有名大学の先生が教えている
  2. コースの内容を見るだけなら無料
  3. お金を払えば、大学からの修了証明書がもらえる

世界の有名大学の先生が教えている

上の画像をみてわかる通り、Courseraは、スタンフォード大学やペン大などのアメリカでもトップの大学と提携しています。

授業を行う先生は大学の教授や准教授で、質問に答えてくれるTAなどはその大学の学生です。

そのため、最近のマシーンラーニングに関する論文もたくさん出てきますし、かなり最先端のプログラミングに関する勉強ができます。

グリット
ちょっとガチすぎるかな、と思うところも正直ありました笑

コースの内容を見るだけなら無料

有名大学の先生のクラスが、動画を見るだけなら無料で受けることができます。

そのため、どんなものか見てみたい・英語でついていけるか不安という人は、まず登録して見てみると良いでしょう

お金を払えば、大学からの修了証明書がもらえる

見るだけなら無料ですが、きちんとコースを取った事を証明したい場合は、コースごとに月謝を払う必要があります。

月謝を払う事で、動画を見るだけではなく、課題も提出しながらコースを進めることになります。

わたしが実際にもらった修了証明書の例がこちらです。

左はdeeplearning.aiというスタンフォード大学の教授が立ち上げたチームによるディープラーニングに関するコース、右はアメリカのパブリックアイビーと呼ばれる有名州立大学のミシガン大学によるPythonというプログラミング言語のコースです。
グリット
この証明書は海外であれば履歴書に書くことやLinkedinというビジネス向けのFacebookのようなサイトに載せることもできます。

プログラミングのオンライン学習❷ TECH::CAMP(英語不要)

2つ目のオンラインのプログラミングスクールがTECH::CAMPです。

こちらは日本人向けに作られており、個別カウンセリング付きなので、未経験者にも取り組みやすいです。
当然、英語も必要なく日本語でプログラミングを勉強することができます。
グリット
海外で仕事したいのであれば、英語でプログラミングが勉強できればベストですが、両方中途半端になるよりはまずそれぞれをしっかりと勉強する事が良いでしょう。
TECH::CAMPの優れているところは3点:
  1. オンラインなので日本・世界どこからでも隙間時間に日本語で勉強できる
  2. 受講生の90%がプログラミング未経験者で満足度98%
  3. オンライン説明会がいつでもどこからでも無料で受けられる

オンラインなので日本・世界どこからでも隙間時間に日本語で勉強できる

まず1番の良いところは、どこからでも日本語で勉強できるところです。

今までオンライン学習は海外では進んでいましたが、日本語でできるものはほとんどありませんでした。

一方、日本で勉強するとなると、これまでは専門の学校に通う必要があり、値段的にも時間的にも厳しかったです。

TECH::CAMPの場合、8000名以上の受講生が日本・世界各地から勉強しており、そのための体制がしっかりとできているというところがかなり新しいところです。

受講生の90%がプログラミング未経験者で満足度98%

TECH::CAMPはプログラミング未経験者でも、ビジネスに使えるレベルのプログラミングが身につくようになっています。

実際、受講生の満足度は98%で、かなり良い評判です

しっかりとプログラミングの基本を教えてくれる場所はまだ日本には数少なく、TECH::CAMPならそれができると感じました。メンターの存在もあり学習にはとても最適な環境だと思います。

(男性/営業職/29歳)

そもそもなぜプログラミングが必要なのかという学ぶべき理由を丁寧に説明して頂き理解が進みました。

(男性/大学生/21歳)

ITテクノロジーの必要性と学習プログラムについてとてもわかりやすく説明していただき、受講するとしたら自分の中でどのように受講していくかイメージすることができました。

(女性/管理職/33歳)

オンライン説明会がいつでもどこからでも無料で受けられる

未経験者だけどプログラミングをやってみようかなと思っている人は、オンライン説明会(25分)が受けられます。

オンラインスクールなので、日本・世界のどこからでも、スマホでもパソコンでもこのオンライン説明会は参加ができます。

説明会の後には、実際にカウンセラーと話をして、どんな風にプログラミングが勉強できるのか、きちんと確認ができます。

さるまる
プログラミングが大事だって最近言われているけど、何したら良いかわからない。
とりあえずオンライン説明会受けてみようかな。
期間限定
TECH::CAMPはオンライン説明会が無料
<パソコンでもスマホでもOK>
<日本・海外どこからでもOK>
<25分でサクッと聞くだけ>

まとめ:プログラミングを学習して有利に海外へ

この記事では、オンライン学習でできるプログラミングを2つご紹介しました。

  1. Coursera:アメリカのオンライン学習サイト。英語で勉強する必要あり。
  2. TECH::CAMP:日本発の未経験者を対象としたオンラインスクール。日本語。

今後プログラミングのニーズは国内でも海外でもさらに伸びるでしょう。

日本国内で働く上ではもちろん、世界で活躍していきたいと思っている人は、今からでも時間を作って日々勉強していきましょう。

▼プログラミングと併せて英語も勉強したい人はこちらの記事がオススメです。

英会話力をつけるなら

Name「レアジョブ英会話」って「オンライン英会話の最大手」みたいだけど、実際のところどうなの?Nameアメリカ在住のわたしが実際にレッスン受けてきました!ちなみに、わたしは日本生まれ日本育ち[…]

海外留学に必要なTOEFL

このシリーズではTOEFL(トーフル)の効果的な勉強法について、実際に何度も受けて勉強したわたしの経験に基づいて紹介しています。TOEFLは、日本ではTOEICに比べてあまり使われることはないかもしれませんが、海外の大学[…]

記事はいかがでしたか?

読んでいただいた方に関心がありそうな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>

最新情報をチェックしよう!
Ad