海外駐在妻が引きこもりになるストレス:夫ができること

「夫の海外駐在について来てみたけど、全然思ってたのと違う・・・。」

「妻が海外駐在について来てくれたけど、楽しむどころかストレスがすごくて引きこもっちゃっている。。。」

この記事はこんな方向けに書いています。

グリット
こんにちは。これまで新婚の嫁と2年間アメリカで暮らし、こんな悩みを二人で解決してきたグリットです。

まず、先に一番大切なことをお伝えすると、奥さんばかり無理していても、このような問題は解決しません

夫の人の協力が不可欠で、一緒に話し合い、それぞれの国・環境にあった解決方法を見出していくことが大切です。

 

この記事では、具体的に駐在妻がどうしてつらいのか?よくある課題について理解した上で、解決のために夫が・夫婦二人でできることについてまとめます。

ご参考に:海外旅行のお得情報

★海外旅行・出張の航空券を予約する際には、スカイチケットから一括検索して購入すると、値段や時刻から比較できるので便利です。
★現地情報の収集には、ソフトバンクグループが運営するブック放題というサービスを使うと、1ヶ月無料るるぶを読むことができます。
現地の観光情報が知りたい!という時にるるぶの本を買うと、1冊で1000円程するので、無料で読めるのはかなりお得ですね!
海外旅行にタイミングで登録して、無料で現地情報をゲットしましょう。
★現地ツアーの予約には、海外オプショナルツアーアクティビティ予約サイトの【タビナカ】が便利です。
日本語での案内のあるツアーが世界中で見つかるので、初めて行く場所でも安心!
>>タビナカで現地ツアー情報を見る

 

Ad

駐在妻はなぜ引きこもりになるほどつらいのか?

海外駐在妻がつらい理由はたくさんありますが、特に下の7つが我が家ではよく挙げられました。

  1. 平日はほぼ一人になってしまう
  2. 英語や言語ができないと生活が不自由
  3. 現地の日本人駐在妻コミュニティが狭い
  4. ストレス発散できる環境がほとんどない
  5. 義務ではなく、義理でいるという感覚が強い
  6. 日本にいたら仕事ができていたのに、と比較してしまう
  7. 駐在妻が辛いことが認知されていない

平日はほぼ一人になってしまう

まず、当然ですが平日の昼は夫は仕事に出ていると一人になってしまいます。

お子さんがいても話し相手にはなかなかならないですしね。

さるまる

日本の専業主婦もそうじゃない?

グリット
このように思う方もいるかもしれませんが、状況はかなり違います。

日本だと他の専業主婦の友達と出かけたりすることができても、海外の場合は同じような境遇の人はなかなか近くにおらず、親しい人もいない場所なのでどうしてもひとりぼっちになりがちです。

英語や言語ができないと生活が不自由

海外に行ったら英語もだんだん話せるようになるんだろうな!英語頑張ろう!と最初は思うのですが、実際に英語が全然通じないとやる気もだんだん減ってきてしまいますよね。

海外に住めば英語が上手くなると期待があるだけに、実際には全然うまく話せない自分がいやになってしまいます。

スーパーで買い物をするにも、事務手続きをするにも、全て英語で話す必要があります。

実際に英語に慣れてくるのには、毎日話していても半年から1年くらいはかかるので、耐え忍んでいくことがかなり大変です。

 

現地で話すのがいやな場合は、家でオンライン英会話で毎日話し、自信をつけていくのも1つの手です。

実際、私たちは夫婦ともに、海外移住からしばらくの間はオンライン英会話を続けていました。

オンライン英会話については、レアジョブ英会話は初心者向き?アメリカ在住者が体験【オンライン英会話】の記事を参考にしてみてください。無料体験もできるので、まずやってみるのにおすすめです。

現地の日本人駐在妻コミュニティが狭い

現地の日本人コミュニティというのも、かなり狭いのであまり自由にすることができません。

村社会と同じで、どこかで何か悪い風に言われるとみんなに伝わってしまうので、思った事を言うこともできなくなって、逆にストレスが溜まってしまうと言うのをよく聞きます。

日本人駐在妻コミュニティは、海外生活で似た境遇の人と話せる良い機会ですが、デメリットがあることも覚えておきましょう。

ストレス発散できる環境がほとんどない

このように、全体を通じて駐在妻というのは、自分のストレスを発散できる環境がほとんどありません。

日本人コミュニティは狭いため言いたい事を言えず、現地の人では英語が話せないから思った事を言えない、日本にいる友達に話したくても時差があったり電話だからあまり長時間話すのは気が引ける。。。と行った感じで気軽に話しをする環境が全然できません。

当然スポーツやヨガをしたりなど、別のストレス発散の方法はありますが、話しをしたいのにできないというストレスは、話しをすることでしか解決できないので、大変ですよね。。。

後ほどご紹介しますが、夫がきちんとこの事を理解して、家にいる間は、できる限り話し相手になることが大切です。

 

日本にいたら仕事ができていたのに、と比較してしまう

海外駐在妻になった方の中には、日本の仕事をやめて、夫に同行したと言う人も多いのではないでしょうか?

その場合は特に、それまでの毎日バリバリ働いていた時の自分と比較してしまいがちです。

今の仕事が楽しくないと思っている人でも、仕事をやめてやることがなくなり、自分でお金を稼いでいないから自由にお金を使いにくい。。。となると、仕事をしていた時の方がよかったと思うかもしれません。

義務ではなく、義理でいるという感覚が強い

こんなに大変な海外駐在妻生活ですが、ついてくることは必ずしも義務ではなく、夫や家族のことを思ってついてきていますよね。

特に強制力がないので、なぜ自分がそこにいるのか、存在価値がわからなくなってしまいます。

夫がしっかりと、妻がいてくれることに感謝して、存在価値を見出してくれないと、妻の立場からするとかなり辛いんです。

駐在妻が辛いことが認知されていない

こんなに大変な駐在妻生活ですが、あまり辛いことは認知されていませんよね。

というよりも、むしろ日本にいる人からは海外駐在妻生活なんて良いなー、うらやましいな、というように言われ、自由気ままな海外生活を送っていると思われがちです。

この理想と現実のギャップも、駐在妻を苦しめる大きな要因です。

駐在妻のために夫ができること・夫婦でできること

ストレスが多く、引きこもりになりがちな駐在妻に対して、夫の協力が不可欠です。

ここでは、夫ができること、夫婦でできることをご紹介します。

夫ができること

夫ができる1番のことは、感謝を態度で表すことです。

そのためにできることを5つご紹介します。

  1. 付いてきている事を当然と思わない
  2. 自由に使えるお金を当然の権利として渡す
  3. 話を聞く時間を多く作る
  4. 感謝を言葉で伝える
  5. 妻が一人で一時帰国することも気軽にOKする

付いてきている事を当然と思わない

まず、付いてきてくれていることを当然と思っている男の人が多いので、注意が必要です。

実際にそこまでは思っていなくても、仕事で新しい環境にきて、忙しくしているとあまり家族のフォローのことまで気が回らないでいませんか?

家のことを奥さんに任せっきりにしていたり、それに対して感謝がないと、奥さんとしては、私だって好きでついてきたわけではないのに、と思ってしまいます。

付いてきてくれていることを当然とは思わず、常に感謝の気持ちを持つことが、夫ができる第一条件です。

自由に使えるお金を当然の権利として渡す

特に仕事をやめてきた駐在妻の場合は、自由にお金を使えないことにストレスを感じてしまいます。

毎月いくらと決めて渡していても、それを使うのも悪いな・・・と思ってしまったりします。

悪いな、と思わずに済むように、駐在期間中の稼ぎは二人で稼いでいるものだという意識を夫婦で持ち、駐在妻が自分のために自由に使えるお金をしっかりと渡しましょう。

話を聞く時間を多く作る

駐在妻は話しをする相手がいないことが多いです。

夫としては、自分の話ではなく、相手の話しを意識的に多く聞く努力が必要です。

ただ、「今日何したの?」みたいな質問をしても、「何もやれてないよ(怒)!」みたいな返事になってしまうので、会話の仕方にも気をつけたいですね。

妻が一人で一時帰国することも気軽にOKする

いやになって一時帰国したくなることもあると思います。そんなときは、気軽にOKしましょう。

付いてきてくれているのは、駐在妻の好意であって、義務ではありません。

いない時期があると、そのありがたさが良く分かると思います。

感謝を言葉で伝える

感謝は態度だけではなく、言葉でも伝えるようにしましょう。

記念日や誕生日をしっかりお祝いしたり、普段から感謝を伝えられる場面を多く作りましょう。

夫婦でできること

夫婦でできることとしては、できる限り奥さんが主導権を持ち、一緒に楽しめるようにすることです。

  1. 休日は一緒に出かける
  2. 一緒にいるときは妻がリードしやすいようにする
  3. 友達を作りやすい趣味を一緒にやる

休日は一緒に出かける

平日に出かけることができずにストレスが溜まっている駐在妻の奥さんには、休日に一緒にでかけるようにしましょう。

その際に、どこに行くかは奥さんの意向を優先すると良いです。

一緒にいるときは妻がリードしやすいようにする

奥さんの意向を優先と書きましたが、一緒にいる間は、できる限り駐在妻の奥さんがリードできるようにすると良いです。

普段、気軽に遊びに行ける友人ができにくい環境でいると、周りに合わせて生活していることが多いです。

夫婦でいるときは、奥さんがやりたいようにできる環境を夫婦としてよしとしていくことが大切です。

友達を作りやすい趣味を一緒にやる

奥さんの普段の友達が作りやすいような趣味を一緒にやることも良いでしょう。

例えば、同年代の夫婦を探して、一緒に週末に遊びに行ったりすることで、奥さん同士が仲良くなれれば、平日にも遊びに行けるようになるかもしれません。

 

海外駐在妻のストレスと夫婦での対策まとめ

以上、この記事では海外駐在妻という生活のきつさと、解決のために夫婦でできることについてまとめました。

駐在妻一人でできることとしては、ブログを書いたりWebライターとして普段の生活を書き物にしていくことも良いと思います。

詳しくは、「海外駐在妻の仕事にWebライターがおすすめな理由と稼ぐ方法」の記事でまとめています。

▼他にも、海外での仕事と家庭について記事を書いているので、よかったら読んでみてください。

 

記事はいかがでしたか?

読んでいただいた方に関心がありそうな広告が表示されます。

<スポンサーリンク>

最新情報をチェックしよう!
Ad