2020年ボラカイ島旅行の日数別モデルコース【1泊2日・2泊3日・3泊4日・4泊以上】

ボラカイ島に行きたい!モデルコースをおしえて!
 
 
グリット
この記事では、こんな要望にお応えします。
 

 

この記事では、下記のようなプランを用意しました。

  • ボラカイ島1泊のモデルコースを紹介
  • ボラカイ島2泊のモデルコースを紹介
  • ボラカイ島3泊のモデルコースを紹介
 
さるまる

短い休みでも、十分にボラカイ島を楽しめるプランをご紹介していきます。

 

参考:ボラカイ島旅行の観光ガイド【完全版】の記事で観光情報など全てまとめています!
Ad

ボラカイ島1泊のモデルコース:ホワイトビーチを楽しむ

ボラカイ島1泊のモデルコースでは、1日目の昼にボラカイ島に到着し、2日目の昼には出発する必要があるというタイムスケジュールの例でご紹介します。

 
グリット
1泊の場合は、ホワイトビーチに宿泊し、周辺を楽しむことに特化したプランが良いです。

1日目:昼にボラカイ島到着

日本からボラカイ島までのアクセスについては、下記の2つの記事を確認してください。

※カティクラン空港から1時間弱、カリボ空港の場合は3時間程度、ボラカイ島まで時間がかかることを想定しておいてください。

1日目は昼頃にボラカイ島に到着し、ホワイトビーチ沿いのホテルにチェックインしましょう。

ホワイトビーチ沿いのホテルについては、

●リゾート系の場合:ボラカイ島のおすすめホテル【一度は泊まりたい高級リゾート&コスパの良いホテル】

●ゲストハウス系:ボラカイ島で安いホステル・ゲストハウス【おすすめを紹介】

の記事を参考にしてください。

1日目のランチを楽しむ

ホテルにチェックインしたら、まずはランチです。

ボラカイ島のグルメ情報:おすすめレストラン5選の記事でご紹介している、Cha Cha’s Beach Cafeがランチにはおすすめです。

レストランまで歩いている途中に、ホワイトビーチの様子も楽しむことができると思います。

夕方までホワイトビーチで泳ぐ・のんびりする

ホワイトビーチは、ボラカイ島と言えばここ!と言われる全長4kmも白砂のビーチです。

泳いだり、ヤシの木の下でゆっくりしたり、自由にお過ごしください。

4kmのビーチサイドには、レストランやカフェ、バーなどもあるので、気が向いたら飲み物を飲みに行ったり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

サンセットクルーズに参加

夕方からは、サンセットクルーズに参加することをおすすめします。

ホワイトビーチからも夕日は見ることができますが、船からの方がより綺麗です。

サンセットクルーズのツアーについては、【インスタ映え】ボラカイ島で夕日を見るならサンセットクルーズの記事でご紹介しています。

現地では空きがない可能性があるので、日本から事前に予約しておくと良いでしょう。

夕食後はバーで

サンセットクルーズが終わったら、ホワイトビーチ近くで夕食を楽しみましょう。

ボラカイ島のグルメ情報:おすすめレストラン5選の記事でご紹介している、PIG OUT BistroやAstrio Boracayがディナーにはおすすめです。

ディナーを食べてゆっくりしたら、ホテルでゆっくりするか、ビーチ沿いにあるバーに繰り出しましょう。

ゆっくりとした良い感じのバーがホワイトビーチ沿いにはたくさんあります。

おすすめのバーについては、ボラカイ島の夜遊び情報:おすすめのバー・クラブの記事でまとめています。

2日目は朝食を楽しみながらホワイトビーチでゆっくり

1泊2日だとボラカイ島はあっという間ですね。

2日目は、朝食を食べにいきましょう。

ボラカイ島のグルメ情報:おすすめレストラン5選の記事でご紹介している、Sunny Side Cafeが朝ごはんにはおすすめです。

空港まで戻る時間を逆算して、残りの時間はホテルかビーチでゆっくりと過ごしましょう。

ボラカイ島2泊のモデルコース:アイランドホッピングに参加

2泊ある場合は、1日目と3日目は、1泊2日と同じコースにして、2日目にアイランドホッピングを入れると良いでしょう。

 

アイランドホッピングでは、ボラカイ島のホワイトビーチ以外の場所を船で巡ります。

プカシェルビーチという、地元で人気No.1と言われるビーチや、クロコダイル島などを巡り、シュノーケリングを楽しむこともできます。

値段もお手頃で一番人気の現地ツアーです。

ボラカイ島3泊のモデルコース:スパ・マリンアクティビティを楽しむ

ボラカイ島に3泊4日いる場合には、アイランドホッピングとは別に、スパやマリンアクティビティを楽しむ時間もあるでしょう。

ボラカイ島の現地オプショナルツアーは?【おすすめアクティビティ10選】の記事では、おすすめの現地ツアーをご紹介しています。

ダイビングやスパ、パラセーリング、マーメイドアカデミーなど、ボラカイ島ならではのアクティビティが多くあるので、旅行のスタイルにあわせて選んでみてください。

ダイビングは、飛行機に乗る18時間以内にはできないので、帰国日の前日までに計画するように注意しましょう!

4泊5日以上の場合

4泊以上ボラカイ島にいられたら幸せですね!

3泊ではできなかったアクティビティをしたり、ホテルでゆっくりするのが良いでしょう。

また、マニラやセブ島までも飛行機で1時間程度ですので、ボラカイ島を3泊にしてマニラやセブ島に1・2泊してみるというのも良いかもしれません。

マニラの観光については、マニラ市内観光モデルコース【3時間】の記事を参考にしてみてください。

まとめ:ボラカイ島は何泊でも楽しめる!

以上、この記事ではボラカイ島の日数別モデルコースについてご紹介しました。

できれば2泊以上したいですが、少ない日数でも十分ボラカイ島は楽しむことができます。

ぜひ、楽しいボラカイ島旅行に行ってきてください!

▼他のボラカイ島・フィリピン情報もぜひ読んでみてください。

海外行くなら空港で受け取れるポケットWiFiを忘れずに!
現地でGoogle Map・検索ができると旅も超便利に!
▼ここからのリンクでなんと1,000円引き

 

最新情報をチェックしよう!
Ad